2015年5月27日水曜日

雑記

咄嗟の時のツッコミ力若しくはボケ力を養いたい常々思うのです。

なんだそりゃ、って感じなんですが、TRPGセッションしてると間々ツッコミ入れざるを得ないシーンやボケたほうが良いシーンていうのに出くわします。
文字でのセッションならまだ思考して気の利いたツッコミ、ボケを入れる事が出来るんですが、ボイスセッションになると咄嗟の切り返しが必要になってきます。なるよね?そんな事ない?
どうせならばウィットに富んだボケツッコミができたら良いなぁとは思うのですが、なかなか難しいですね。元が口下手なもんで、うまく行きませなんだ。
せめて、出来る限り人を傷つけたり、不快な思いをさせないボケツッコミをする様に心がけております。TRPGに限った話ではないんですけどね、これ。日常的な部分でも言える話。
ノリツッコミになると、屡々ただの暴言では?となりがちなのです。それに不快な思いも人それぞれに指数あるから難しい。自分もかなり低いレベルで不快感感じるタイプなので…気をつけたいもんです。

と日頃の自分の行いを振り返りつつ反省。
反省するだけじゃあ意味ないけど。