2013年8月4日日曜日

殺人クッキーがやってくる

先日漁りに行った某ツタヤでなんかすごいインパクトのジャケの映画を発見したので借りてみたんすよ。

『ジンジャーデッドマン』

なんつーインパクトのある題名だこれ....
殺人鬼ジンジャーマンクッキーが人を殺す話です。oh,イッツ ソー シンプル。
そしてジャケに描いてある謳い文句

『ジンジャークッキーのモンスター!ホラーヒーローのニューアイコン「ジンジャーデッドマン」登場!!』

ホラーヒーローのニューアイコン?わしゃ初めて聞いたわ!!何処から湧いてでて来たその自信!!
まぁ、あまりの地雷臭とその謳い文句に釣られて借りて観たんです。

ぶっちゃけ、早送りしながら観てました。

以下感想とか



<ストーリー説明(amazon引用)>

レストランで食事中リーの家族は錯乱したミラードに父、兄を殺されてしまう。 その後、ミラードは死刑になるがそれに気に食わなかったミラード母はリーが経営するパン屋にジンジャーブレッドの粉を送りつける。その粉でジンジャーブレッドを作るとなんと殺人モンスタージンジャーデッドマンが誕生してしまう・・・。


この送られて来たジンジャーブレッドの粉の正体が死刑になった殺人犯ミラードの遺灰が混ざった物で、コイツを媒介してミラードが復活するってわけです。
そして復活したミラードが自分を死刑に追いやった主人公に復讐するにあたってついでにその辺に居た奴らもコロコロしちゃえ☆みたいなアレです。確か。

アレなんか...あれ、似たような話無かったか....チャイなんとか...

しかしなぁ遺灰が混ざったクッキーなんてやだなぁ。食べたくねー。知らずに作ってしまったとはいえ、これが店頭に並んだり振る舞われたりしたら嫌過ぎる。
でもこれ作中でジンジャーデッドマン食うシーンがあるんすよ。主人公を助けにきた男がミラードに挑発されてムシャァ。しかもそのノリが「俺を食ってみろや!!」「おう!食ってやるぜ」っていう。良く食う気になるなぁ!おいィ!
しかも食った奴が、ミラードに取り憑かれて主人公に襲いかかるという。ダメじゃん!何しに来たんだお前!!最終的に生き残った登場人物が力を併せて取り憑かれた男をパン屋のオーブンへ押込んで、コンガリ上手に焼けましたENDですよ。

まー、漂う地雷臭に違わず酷かったです(褒めてる)
色々突っ込みたい部分があり過ぎて...まあB級映画っつたらこうじゃなきゃなぁ!と。しかし、なぜジンジャーマンクッキーを殺人鬼にした。しかも顔が可愛くねぇw確かに元の顔じゃあまりインパクトないけどさ!
それにしても殺人ジンジャーブレッドがなんか昔懐かしな特撮パペット感がありまして....ある意味このちょっとちゃっちい感じの映像をみる為だけに見ても良いんじゃないだろうか。ホラー映画の癖に妙な安心感があるというかなんというか....
そんなに人死なないし、Theスプラッタァなシーンもほぼ無いホラー映画初心者向けじゃないでしょうかね。
まあ早送りしながら観てたけどね、前半とかとくに。

コイツの何がビックリかって続編でてることなんだよな。二作も。観るしか無いなこれ。